Azul

Have fun!
<< ご指名入りましたーっ | main | クライムムービー >>
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - |
    0
      映画ですよ
      closer / クローサー
      closer / クローサー

      まぁ正直ジュードロゥを観たくて借りたんだけれども


      観てる間は、なんだかなぁ・・・どうなのよこいつら・・・
      って思いながら、観終わってみると登場人物皆の気持ちがわかるような気がするオハナシでした
      でも明るくなれるもんじゃないです
      なんていうか、ちょっとやるせない、でもコレが現実なのかも

      | 映音 | 18:46 | comments(4) | trackbacks(2) | - |
      0
        スポンサーサイト
        | - | 18:46 | - | - | - |
        お邪魔します〜♪
        そうですね。アリスが一番ピュアだったけど、嘘ついてたというか隠し事をしてましたよね・・・
        この辺の心理がイマイチ解らんかったです。本名と偽名の使い分け・・・
        | はっち | 2006/03/31 7:05 AM |

        いらっしゃいませ〜☆

        ラスト前でのアリスのセリフで
        真実を知ろうとしなければ永遠にでもあなたを愛せたのに
        っていう感じのがあるじゃないですか
        あれって、詮索しなかったら永遠に嘘を突き通せたってことだよなー
        と、思ったりして
        ってことは・・・
        やっぱり真実の愛、永遠の愛なんて虚無でしかなくて、所詮は色んな嘘の上にしか成り立たないってことを言いたかったのかな、ともやもやと考えてしまったのですよ
        なので、明るくなれる映画じゃないなーと思いました
        言い表すのは難しいけど、
        ピュアな心でいるためには嘘を突き通すしか手立てがなかった、ってことなんじゃないですかねぇ
        | AZ | 2006/03/31 1:00 PM |

        どうもです〜♪
        うーん、ピュアな心で居る為に、嘘をつきとおすねぇ・・・深い読みです。
        | はっち | 2006/03/31 10:32 PM |

        映画の深読み大好きなんです(笑)

        映画でも小説でもなんでもそうですけども、自分の好きなように捕らえて理解すればいいと思うので・・・色んな意見があって楽しいですね〜♪
        | AZ | 2006/03/31 11:34 PM |










        http://azurexaz.jugem.cc/trackback/466
        クローサー DVD
        「クローサー」を観ました〜♪ ラッシュアワーのロンドン。新聞記者のダン(ジュード・ロウ)は、目の前で交通事故にあったアリス(ナタリー・ポートマン)を助ける。1年後、処女小説を書き終えたダンは、女性写真家アンナ(ジュリア・ロバーツ)に一目惚れする・・
        | 観たよ〜ん〜 | 2006/03/31 7:06 AM |
        映画「クローサー」(2004年・米)
        マイク・ニコルズ監督の最新作。 ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の助演女優賞(ナタリー・ポートマン)、助演男優賞(クライヴ・オーウェン)に輝いています。 監督:マイク・ニコルズ脚本:パトリック・マーバー音楽:モリッシー出演:ジュリア・ロバーツ 、ジュ
        | どうせ誰も見てませんからっ☆★ | 2006/03/31 3:15 PM |
        RECOMMEND
        RECOMMEND
        PR
        NEW ENTRIES
        RECENT COMMENTS
        RECENT TRACKBACK
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        MOBILE
        qrcode
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        このページの先頭へ